ニキビケアに良い食べ物

野菜

 

 

薬や化粧品に頼らず、健康的に大人ニキビを治したいという人のためにまずは食生活から!大人ニキビケアに良い食べ物をご紹介します。

 

 

ニキビに効く栄養素と食品

ビタミンA…ホウレンソウ、ニンジン、かぼちゃなどの緑黄色野菜、ウナギ、しそ など

 

ビタミンB2…納豆、マイタケ、カマンベールチーズ、アーモンド、モロヘイヤ など

 

ビタミンB6…まぐろ、ニンニク、レモン、牛肉、鶏肉、トウガラシ

 

ビタミンC…パプリカ、アセロラ、レモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、なめこ、焼のりなど

 

コラーゲン…鶏肉、豚肉、ふかひれなど

 

ミネラル…レバー、にぼし、するめ、青のりなど

 

 

栄養素からみると意外にたくさんと思われるかも知れませんね。しかしフルーツや野菜を意識して増やすだけでも全然違いますよ。見てわかる通りニキビによい食べものは美容効果が高いのです!大人ニキビによくて美しくなるなら一石二鳥ですので是非積極的に取り入れてみてください。

 

 

ニキビにお勧めのお茶

 

食事だとなかなか大変だけど、毎日飲むお茶や飲み物からニキビに効果があるものにできるなら試してみたいですよね。ポイントは上に紹介した栄養素なのですが飲み物でも賢く取り入れましょう。

 

そば茶…ルチンと呼ばれる栄養素が、抗酸化作用、血流の促進に役立ちます。さらにニキビに強い味方のビタミンCの働きを助け、コラーゲンの生成を促します。

 

はとむぎ茶…はとむぎは漢方薬としても使われていて、ニキビだけでなくアトピーなどの治療にも使われています。ビタミンも豊富なのですが、他にもカルシウムや鉄分、食物繊維など女性に嬉しい栄養素がとれるのもうれしいお茶です。

 

緑茶…何といっても身近でお手軽に取り入れられます。カフェインが大丈夫な人は緑茶から試してみましょう。ビタミンCが何と言っても豊富ですし、ビタミンAも同時に取り入れられます。粉末の濃いものがお好きな人はより高い効果が期待できると思います。

 

 

食事とともにお茶にも気をつけて健康的に体からニキビに負けない体つくりを目指しましょう。体においしい健康で質の良い睡眠もお忘れなく。

 


ニキビケアに良くない食べ物

タバコを吸う女性

 

 

ここからは、ニキビケアにあまり良くない食べ物についてご紹介します。だいたい皆さんの予想通りだと思いますが、ニキビに悩んでいる方は復習の意味でもチェックしてみてください。

 

 

ニキビに良くない食べ物とは

あぶらっこいもの
皮脂が多くなるようなあぶらっこいもの、唐揚げやてんぷらなどの揚げ物はニキビによくない食べ物の代表格です。食べたい時は出来るだけ新鮮な油を使ったものを意識して一緒に野菜を摂るようにしましょう。

 

甘いもの
ケーキやチョコレートなどの甘いものはダイエットの敵なだけでなく、ニキビにもよくありません。糖分がたくさん含まれていることが原因ですが、糖分の分解にはビタミンをたくさん消費します。ニキビを治すためにはビタミンがとても大切なのですが糖分はそれを奪ってしまいます。甘いものを食べすぎた時は意識してフルーツや野菜を摂ってください。

 

辛いもの
辛いものは新陳代謝によく、発汗作用、血行促進に効果的という事で女性が積極的に摂る事を進められることが多いものですが、ニキビのことを考えると摂りすぎはよくありません。刺激が強い辛いものは内臓に負担をかけますのでほどほどにしましょう。

 

アルコール
アルコールは甘いものと同様に、糖分が多くたくさんのビタミンを消費しますし、内臓に負担もかかります。ビール、ワイン、日本酒、チューハイは特に糖分が多いのでニキビが気になる人は、焼酎、ハイボール(ウイスキーやブランデー)に切り替えてみてください。

 

インスタント食品
インスタント食品は多くの添加物が含まれています。これを分解しようとアンドロゲンと呼ばれるホルモンが生成され、これがニキビにはとても悪い影響を与えます。時々無性に食べたくなるインスタントラーメンやカップめんなどはニキビの事を考えるなら控えるようにしましょう。

 

炭水化物
主食であるお米を始め炭水化物がニキビに悪いなんて言われるととても心配になりますが、摂りすぎに注意をしましょうという事です。炭水化物を大量にとってしまうと太りやすいと知られている通り、炭水化物は糖分に変わりやすい糖質が高いのが気になるところなのです。白米だけでなくビタミンやミネラルが豊富な玄米や麦芽米を混ぜて食べるようにするなど工夫をしてみましょう。