ニキビ跡の赤みを化粧品で解決

コスメ

年齢や時期など関係なく突然できるニキビ。大人になってできると吹き出物と呼ばれることもありますね。放置しているとクレーターになったり跡が残ったり大変(;;)

 

 

こちらのサイトでは、ニキビケアの中でも特に「肌の赤み」対策コスメを口コミや売り上げなどの評価の高いものから厳選してご紹介しています。ニキビケアコスメは高額なものというイメージがありますが、最近では低額のトライアル(お試し)セットでの販売も多く、色々と試しやすくなっています。

 


ニキビ跡赤みケア厳選6コスメはこれだ!

肌のお手入れをする女性

ニキビ跡赤みケアで一番大切なのは、ターンオーバーを促進させること。28周期で新しく生まれ変わるといわれている細胞の代謝をスムーズに行うことで、古い細胞が肌内部にとどまることを防ぎ、ニキビ跡の赤みを徐々に消していきます。

 

実際に評価の高いコスメをみても、ターンオーバー促進をサポートするものが多く集まっています。食事や睡眠、ストレスなどの内的要因にプラスして専用コスメでケアしていくことがニキビ跡の赤みを消す近道になります。

 

 

ニキビ跡赤みケア厳選6コスメ公開!

 

リプロスキン

ニキビ跡赤みケアのリプロスキン ニキビが治った後にできた凹凸や赤み、クレーター肌を集中ケアする「リプロスキン」。メディアで紹介されることが多く知名度が高いため多くの方が利用しています。美白効果のある美容成分ダーマホワイトと保湿成分、天然エキスを独自の製法でナノ化し角質層へ浸透。赤ちゃんのようなぷるぷるで健やかな肌を維持します。2017年4月にリニューアル。

 

口コミ公式サイト

価格(通常/定期/初回) 有用(美容)成分 対応・効果
5,600円/4,480円/2,490円 ダーマホワイト
水溶性プラセンタエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
ニキビ跡専用
赤み・シミ・黒ずみ
凹凸・クレーター肌

ラ・ミューテ

ニキビ跡赤みケアのラ・ミューテ 大人のニキビ・肌荒れケアの美肌セットラ・ミューテ。女性ホルモンのセルフケアを行うことでニキビを根本的に除去。石油系合成界面活性剤や合成着色料を一切使用していないため肌の弱い方にもおすすめです。他と比較すると価格は少し高いですが、年に何度か半額キャンペーンが行われるのでその時がねらい目です。

 

口コミ公式サイトニキビ跡赤みケア「ラ・ミューテ美肌セット」

価格/キャンペーン 有用(美容)成分 対応・効果
17,100円/8,550円 プラセンタ
ダマスクローズ
肌荒れ
大人ニキビ

ビーグレン

ニキビ跡赤みケアのビーグレン 発生したニキビケアだけでなく、予防もできるビーグレン。配合されているピュアビタミンCは、高い浸透力をもちビタミンC誘導体より即効性がある優れもの。効果までの目安は約1ヶ月。4点セットの他にそれぞれ単品での販売もあります。

 

ビーグレン
口コミ公式サイト

価格 有用(美容)成分 対応・効果
20,500円 ピュアビタミンC
グリチルリチン酸ジカリウム
抗炎症効果
赤み、色素沈着)
ニキビ予防

アクレケア

アクレケア ニキビ跡のデコボコ肌用としてつくられたアクレケアですが、主成分の月下香の他、赤みを引き起こす肌内部の炎症にやさしく働きかける肝臓エキス配合。クレーター肌、赤みの両方にお悩みの方にお勧めです。定期購入で44%OFFの4,500円で購入可能。

 

口コミ公式サイト

価格(通常/定期) 有用(美容)成分 対応・効果
8,000円/4,500円 月下香
カムカムエキス
卵殻膜
カモミラエキス
ニキビ跡の凹凸 赤み

パルクレール美容液

パルクレール美容液 肌をケアしながらニキビ跡の赤みにも働きかけるパルクレール美容液。ニキビケア、化粧水、乳液、美容液、化粧下地としても使えるオールインワン美容液です。美容成分99.4%の高濃度で、なじませて10秒後に赤みに働きかける即効性も持ち合わせています。無添加仕様で肌が弱い方にもおすすめの1本。

 

口コミ公式サイトパルクレール美容液

価格(通常/定期) 有用(美容)成分 対応・効果
7,500円/5,200円 プラセンタ
グリチル酸ジカリウム
3種のヒアルロン酸
ニキビ跡ケア
赤み、クレーター肌
毛穴、シミ

健肌の源

ニキビ跡赤みケアの健肌の源 ニキビ・ニキビ跡ケアを行う薬用化粧水健肌(けんき)の源製薬会社との共同開発でどのタイプのニキビにも対応可能に。美容クリニックや皮膚科で採用されているビタミンC+E誘導体配合。ダブルの効果で、化粧水でありながらニキビ跡の赤みケアをしっかりと行います。

 

口コミ公式サイトニキビ跡赤みケア健肌の源

価格(通常/定期) 有用(美容)成分 対応・効果
8,980円/4,980円 ビタミンC+E誘導体
グリチルリチン酸ジカリウム
アラントイン
ニキビ・ニキビ跡
赤み・クレーター肌

 

※有用成分は、メインのものを掲載しています。
※価格はアクレケア、健肌の源以外、すべて税抜きです。

 

 


ニキビ跡の赤みとクレーター メカニズムの違い

ニキビ跡に赤みが発生するメカニズム

 

ニキビの凹凸は収まっても、患部が赤くなって治らない場合があります。これがニキビ跡と呼ばれる赤みです。ニキビができた時、すぐに対処できれば問題になりませんが、最も症状が進んだ「赤ニキビ」になってしまうと、ニキビ跡ができやすくなります。

 

 

赤ニキビというのは、ニキビの周りの肌が炎症を起こしている状態で、ニキビができたての時期よりも炎症の範囲がやや広がっている状態です。これを放置していると炎症の部分がさらに広がってしまい、お肌の内側にもダメージが及んでしまいます。こうなると赤ニキビによるダメージを修復するために、毛細血管が集中的に増加します。患部の血液の動きが活発になるので、その部分が赤く見えるのです。

 

 

お肌が傷ついて薄くなっているため、余計に赤みが増して見えます。赤みが出ても、ダメージがお肌の浅いところでとどまっていれば、自然と治ることもあります。しかし、もしもお肌の深いところまでダメージが及んでいると、正常なターンオーバーができなくなり、赤みがなかなか消えない可能性があります。

 

 

しかし、赤みのあるニキビ跡はニキビ跡の中でも比較的初期の段階です。適切な処置を行うことで、この段階で食い止めて綺麗なお肌に戻していくことができます。

 

ニキビ跡にクレーターができるメカニズム

 

ニキビ跡がかなり進行した状態として、クレーターのようになってしまうことがあります。クレーター肌は、他のニキビ跡である赤みや茶色い色素沈着などとは少しメカニズムが違います。

 

 

お肌の構造とクレーター肌
皮膚の構造
お肌は大きく分けて、表面の部分から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層で成り立っています。ニキビができると、それを修復しようと毛細血管が増加し皮膚に赤みを生み出します。また、お肌を守るために発生したメラニンが茶色い色素沈着として出てくることも。これらは、ターンオーバーが正常であれば自然と排出されます。

 

 

その下の真皮は、お肌の弾力などを支えています。真皮はターンオーバーが行われないので、ダメージを受けてしまうとなかなか自然には治癒しません。専門機関での治療が必要になってきます。

 

 

さらにその下の皮下組織は、皮下脂肪によって表皮と真皮をしっかりと支えているところです。ここまでダメージを受けてしまうと、完治は非常に難しくなっていまいます。

 

 

ニキビができた時に、それがどの部分まで影響を与えているか、ということが重要になります。もしもニキビによるダメージが真皮や皮下組織まで及んでいたら、クレーター肌になってしまう可能性が高まります。

 

 

クレーター肌になる理由

 

クレーター肌のデコボコはどちらも、ダメージによって皮膚細胞に異常をきたすことで生まれます。

 

「デコ凹」の部分

真皮層以下にダメージが及んだことで、皮膚細胞が破壊され、その部分が陥没してしまっている状態です。真皮や皮下組織は再生しないので、陥没がそのまま残ってしまいます。また、陥没部分の周りがしこりのように角を持ってしまいます。

 

 

「ボコ凸」の部分

ダメージを修復するために、その部分の細胞が異常に増えてしまっている部分です。クレーターになってしまったお肌は多くの場合、真皮や皮下組織にまでダメージが達しているため、時間が経っても治りにくいという特徴をもちます。

 

 

クレーター肌にも種類がある

 

クレーター肌は、皮膚科専門医からの適切な治療を受けることが大切です。クレーターにもいくつか種類があり、そのタイプによって診断と治療がなされます。

 

 

・アイスピックタイプ

アイスピックで突かれたように、細く長いクレーターです。より深い部分までダメージを受けている可能性があります。

 

・ボックスタイプ

ニキビ跡の底が平らで、陥没したものです。深さは人によってバラバラです。

 

・ローリングタイプ

ニキビ跡の開口部が広く、緩やかに陥没しているものです。

 

 

クレーター肌の治療方法は、それぞれのクレーターのタイプやその大きさや深さによって様々です。また、クレーターの治療は保険適用ではないので、信頼できる先生と出会えるかが鍵となります。適切な判断で、根気よく治療を続けることで、完治とは言わないまでも、目立たなくすることはできますので、一度専門機関に相談してみるのが良いでしょう。

 

ニキビ跡の赤みとクレーター 原因の違い

ニキビ跡に赤みが残る原因

 

大人ニキビは、一般的に生活習慣の乱れやストレス、栄養の偏り、睡眠不足などが主な原因とされています。思春期のニキビに比べて原因が特定しにくいうえに治りにくいのが特徴です。「ぼこぼことした腫れは収まったのに赤みが残っている」ということはありませんか?

 

 

一般的に、ニキビ跡の場合、赤みがあっても痛みや痒みなどはありません。これは傷ついてしまったお肌を修復するために、ニキビの発生箇所で多くの血液が行き来するためです。この活動自体は治癒に必要な活動です。もし炎症が軽度であれば、数週間程度で何もしなくても自然と治ることもあります。

 

 

ニキビ跡にクレーターや凹凸が残る原因

 

一方、クレーター肌は、赤ニキビが長期間治らなかったり、お肌の損傷が激しくニキビのダメージが奥深くまで達してしまっていることが原因で発生します。表面にある「表皮」はターンオーバーによって生まれ変わりますが、さらに下の「真皮」は新陳代謝する機能がありません。そのためクレーター肌の下では、ダメージが残ったままになっています。

 

 

お肌の表面で発生する赤みや色素沈着といったニキビ跡は、自宅でも対策ができ、継続的な努力によって改善することができます。しかし、クレーター肌になってしまうと、自力での治療が非常に難しく、根気強いケアが必要になります。

 

更新履歴